ドリーンフラワーデザイン公式ブログ

【ドリーン・トレンディ ワークショップ】

2017年10月21日

ハロウィン ワークショップの準備

台風が近づいているようで、雨が続いていますね。
今日アトリエでは、オランダ国家認定資格 DFA
A,B試験の模擬試験が行われました。
明日が本番です。
試験については、試験が終わってからご報告します。

来週日曜日は、トレンディワークショップ
ハロウィンデザインです。

アトリエにあるハロウィンに使えそうな資材を
並べてから、デザインを練っていきます。
ドリーン先生のオリジナルレッスンの前は
いつもこんな感じ。
デザインは決まっていますが、プラスしていきます。

今年のハロウィンデザインも楽しみです。


【ディプロマ DFA1】

2017年10月20日

オランダ国家認定資格DFA 葬儀用アレンジメント

ドリーンフラワーデザインはオランダVBW/EFDA
オフィシャルライセンススクールです。
日本には4校あります。
オフィシャルライセンススクールでは、
5課題ある試験課題のうち、2課題を秋に受験
することができます。
そのA,B試験が今度の日曜日、10月22日に行われます。
10月は毎週DFAレッスン、生徒さん受験にむけて
頑張っています。

9月30日にご紹介した葬儀用アレンジメント 今回の課題の1つです。
DFAの葬儀用アレンジメントは全部で4種類。

ティアドロップシェイプ mix
ティアドロップシェイプ group
トライアングルセントラルポイントグループ
リニアクロスシェイプ

どれが出題されるかは試験当日までわかりません。
なので生徒さんはどれが出題されてもいいように
しっかりと練習しなくてはいけません。
試験前の補講レッスンに生徒さんが自宅で作って
持ってきたので、この日3種類のアレンジが揃いました。
それぞれ全く違います。使うお花も違います。
生徒さんは試験開始後、課題を見て、お花を選んで
制限時間内に作ります。
簡単な試験ではありませんが、確実に上達します。
生徒さんの成長ぶりを目の前でみられることは
とても幸せなことです。
あと少し、一緒にがんばりましょう。


【ドリーンのお気に入り】

2017年10月19日

New Project 改め Video Project 撮影日 No.3

10月16日の月曜日に、ビデオプロジェクトの撮影を行いました。
少しずつ少しずつです。
日が暮れるのが早くなったので、開始時間を1時間は早め
ましたが、初日の撮影とは自然光が違います。
この日は雨。
新規投入した撮影照明をフル活動しての撮影。
まだまだ使い方勉強中ですが、なんとなく様になってきた
感じです。
アレンジメントによって、何が一番重要なのかが違いますので
どこから撮影するかとか、どんな順番で撮影するかなど
考えることは、アレンジメント1つ1つ再認識すること。
勉強になります。

次回の撮影は11月を予定しています。
どのアレンジメントになるかはまだ検討中。

まずは今度の日曜日のDFA A,B試験に集中します!


【ディプロマ DFA1】

2017年10月17日

オランダ国家認定資格DFA ハンドタイドブーケ

10月7日のオランダ国家認定資格DFAレッスン

Hand-tied bouquet with hanging out materials
垂れ下がる花材を入れたハンドタイドブーケ
この日のカラーコンビネーションは
color against color
3原色をベースにたくさんの色を入れた色合わせです。

60本以上の花材を使用してφ40cm以上で束ねます。
使用した垂れ下がる花材は

Amaranthus caudatus アマランサス
Asparagus setaceus アスパラガスペラ
Lirope リリオペ

45分で束ねる半球型ブーケ。
垂れ下がる花材を入れるタイミングがなかなか
難しいところです。

カラフルなお花の花束、見ていると元気になります。

ドリーンフラワーデザインFacebookページに
他の写真もアップしてありますので
是非ご覧ください。

2017.10.7 & 8 DFA


【ディプロマ ADFA1】

2017年10月13日

オランダ国家認定上級資格 ADFA シングルフラワー ラッピング

9月10日のオランダ国家認定上級資格 ADFAレッスン
のご紹介。

1日2レッスンのADFA。
午前中はφ60cmのリース作成。
午後はシングルフラワー(1本の花)の
ラッピングデザインです。

ADFAでは、シングルフラワー、花束、
ポットプランツの3種類のラッピングがあります。

この日のレッスンでは、シングルフラワーラッピング
赤いバラをラッピングしてもらいました。

赤いバラにあわせて、アトリエにあるラッピング材料を
放出。
中にはオランダで買い付けたペーパーやピンなども。

ドリーン先生曰く、ラッピングは日本の方が種類が
豊富で美しいのではとのこと。
それでも、オランダのフラワーショップで作ることを
イメージして、チャレンジしてもらいました。

赤いバラなので、用意した資材は赤、黒、緑など。
ドリーン先生のサンプルは赤と黒でタイトルは
「Sexy」
葉に書ける特別なペンで書いた
Love you のメッセージ

それぞれのアイデア満載のラッピングレッスン
楽しいレッスンでした。
生徒さんのラッピングなど、ドリーンフラワーデザイン
のFacebookページにアップしてありますので
是非ご覧ください。

2017.10.1 ADFA


【花市場】

2017年10月12日

DFA/ADFA 試験ポスターできました。

オランダの花の国家認定資格 DFAとADFA試験が
2018年2月東京 3月大阪で行われます。
日本にある公式ライセンススクールは4校
ダッチプロフェッショナルフローラルデザイン協会
DPFD協会のHPをご参照下さい。

DPFD

DPFD協会でDFA/ADFA試験のポスターを
作りました。

東京の試験会場は世田谷市場です。
いつもお世話になっている千政さんとリード商事さんに
ポスターを貼ってもらいました。
東京での受験をご希望の方は、
ドリーンフラワーデザインまでご連絡ください。

DFA/ADFA試験@

インターナショナルライセンスに挑戦してみませんか!?
DFAはどなたでも挑戦して頂けますので、
受験申込お待ちしております。


【ディプロマ ADFA1】

2017年10月10日

オランダ国家認定上級資格 ストラクチャーリース

10月1日のオランダ国家認定上級資格 ADFAレッスン
のご紹介。
高低差をつけたストラクチャーリース  

前回のオープンワークリース モダンとは
全く違う印象です。
ストラクチャーリースはラインや円など
パターンで花を入れます。
フラットのストラクチャーリースと
花材毎に高低差をつけるこのリースと
ストラクチャーリースには2種類あります。

ADFAのマトリックスにはリースの種類が
たくさんありますので、違いをしっかりと
頭に入れておく必要があります。

レッスンでもリースをたくさん作るので
自作のφ60cmリースは生徒さんの宿題。
自宅で作ってきてもらいます。
何度も作るので、生徒さんもしっかりつくれる
ようになっています。

ないものは作る。
フラワーデザイナーを目指しての勉強は
いろいろなものが作れるようになり、オリジナル
デザインを考える上での持ち幅も広がります。

フローラルフォーム4本使用している
リースベースです。かなり重いのですが
ドリーン先生、スマイルで写真撮影。

ドリーンフラワーデザインのFacebookページに
他の写真もアップしていますので是非ご覧ください。

2017.10.1 ADFA


【ディプロマ ADFA1】

2017年10月02日

オランダ国家認定上級資格 オープンワークリース モダン

9月10日のオランダ国家認定上級資格 ADFAレッスン
のご紹介。
オープンワークリース モダン 

space taking 空間をうめる
space creating 空間をつくる
オープンワークリースの大事なポイントです。
「モダン」だけに可能性は無限大。
サイズはφ60cm以上、時間は50分。
今回のレッスンではスクールで花材を用意しました。
生徒さんの持ち込み花材だとしたら
いろいろなデザインがみられると思います。

ハラン Aspidistra elatior
アンスリウム Anthurium (Andreana Groep)
カーネーション Dianthus caryophyllus
羽毛ケイトウ Celosia argentea (Plumosa Groep)

φ60cmのフローラルフォームを使ったリースベースは
自作です。
制作前にデザイン画を書いてもらい、ドリーン先生
がチェックしてからスタート
同じ花材でちょっと似たデザインでも、完成品は
オリジナリティあふれています。
生徒さんの作品を見ることも勉強。
いろいろなアイデアにいつも驚かされる
ADFAレッスンです。

画像はドリーン先生のサンプル作品です。


【ディプロマ DFA1】

2017年09月30日

オランダ国家認定資格DFA 葬儀用アレンジメント

9月3日のオランダ国家認定資格DFAレッスン
フューネラルアレンジ ティアドロップシェイプ
フューネラルアレンジとは葬儀用アレンジのことです。

日本では赤やピンクは葬儀用としては、あまり使われることはありません。
オランダでは、故人の好きな色や形で葬儀用アレンジを作るそうです。

オランダの方ではありませんが、マイケル・ジャクソン氏の葬儀の時に、真紅の薔薇のみで作られたクラッシックデザインが、棺の上に飾られていました。
葬儀の花装飾については、国によって大きく違いがありそうです。

DFAでは最長60cm以上の大きさで45分で作ります。
ティアドロップシェイプはクラッシックデザイン。左右対称のデザインです。
たくさんのお花を使用するので、スピードが大事です。


【ディプロマ DFA1】

2017年09月29日

オランダ国家認定資格DFA プレゼント用コサージュ

9月3日のオランダ国家認定資格DFAレッスン
プレゼント用コサージュ

ハンドタイドとワイヤーで作ります。
プレゼントに固定するところまでで15分で作ります。
プレゼントの形にあわせたデザインで作ることが大事。

プレゼントに生花のコサージュ、オシャレです。
メインフラワー1つにパーツを組合せます。
この日のレッスンではDianthusをメインにしました。
プレゼントを開ける前にちょっと嬉しいコサージュです。